家族のうつ病治療サポート

うつ病になってしまった方は、治したいと思っても自分ではなかなか行動することができません。

だからこそ、うつ病の人にとって大事なのがまわりの人のサポート、特に一緒に暮らす家族のサポートです。家族(夫や妻・子供)のうつ病治療をサポートしてあげたい、そういう気持ちが家族の方にあるのなら、正しい知識はとても役に立ちます。

また、せっかくうつ病の本人が何か治療に向かう行動ができたとしても家族がうつ病について正しい理解がなければやる気をそいでしまったりすることもあります。

逆に、家族の方がうつ病について詳しくなれば、適切に導いてあげることもできます。訪問してきた親戚などに対して「こういうことは言わないで」という注意もできます。

うつ病の家族を良い方向に導いてあげられるか、何もできないか、もしくは間違った方向に導いてしまうかは一緒に暮らす家族のうつ病への理解が大きいのは間違いありません。

本人の行動だけでなく、うつ病というものを理解していないと家族もうつ病の人の行動や言動に対して怒りや悲しみを覚えることになります。

うつ病は治したいとは思っても本人がどうこうできるものではない場合が多い病気だということを理解し、家族が良い方向に導いてあげられるように、正しい行動をさせてあげられるように、正しい知識を”うつ病の本人が動かなくても”教えてあげられるために、ぜひ家族の方が正しい知識を得ておいて下さい。