旦那さんが家事や育児に少し協力してくれるだけでママはこんなに助かる

育児中って今まで当たり前にやっていた家事でも普段以上の負担になるものなんです。

赤ちゃんのおむつを換えて、おっぱいやミルクをあげて、泣いたらあやして、寝かしつけてまた泣いたら対応して・・・赤ちゃんなので「ベッドに置いたら泣いちゃうからずっと抱っこしてないといけない」という時間もけっこうあります。

家事をするときも常に赤ちゃんのことを気にしながら、スケジュールを立てることもできず赤ちゃんがおとなしい時や寝ているときにしないといけない。かなり大変なんです。

育児は赤ちゃんの都合が最優先!自分のペースでできない

育児の何事も自分のペースでできない中で時間を見つけて掃除・洗濯・炊事などの家事をしなきゃいけない、赤ちゃんが寝ていなければ危なくないように常に気にしながら家事をしなきゃいけないし、寝ているチャンスでも赤ちゃんが起きて泣き出したら家事が途中でも中断してそっちを対応しないといけない。ママだって体も精神的にも疲れがたまるから休みたいけどやることが多くて休めない、休んだら赤ちゃんに起こされる・・・そんな日々なんです。

旦那さんも仕事中に「今やっている作業を中断されて強制的に他の作業を入れられる」ときの精神的な負担はわかると思いますが、育児ではそれが毎日何度も何度もあるんです。ある程度自分のペースでできる仕事と違って、育児中の家事って奥さんにとっては精神的にかなりの負担があるんです。

少し手伝ってもらうだけで精神的な負担がかなり減る

旦那さんが少しでも育児を手伝うことや家事を手伝うことで、一緒に協力してくれる旦那さんがいるだけで奥さんの負担もかなりやわらぎます。

家事をしている間だけでも旦那さんが子供の面倒を見てくれるとママは助かるし、旦那さんが少しでも家事を手伝ってくれれば「パパが帰ってくる前にごはんもつくらなきゃいけなかったから掃除が途中だった、あ、洗濯もしなきゃ、でもそろそろ寝かしつけしないと夜起きちゃうよ」というどんどんタスクがたまっていくプレッシャーから開放されます。

旦那さんの協力が奥さんが産後うつにならないための予防になりますし、もしすでに産後うつになってしまっているとしたら産後うつを患ってしまった人への正しい接し方を知っておくだけで奥さんの産後うつがひどくならないで済むかもしれません。

「自分は仕事」「育児と家事は奥さん」と役割を分けてしまわず、できることはできるだけ協力するというふうに考えてくれていると奥さんもすごく助かるし、そういう関係の夫婦は良い関係が長く続いていくと思います。

仕事でお金を稼ぐことは自分しかできないけど、おっぱいをあげるのはママしかできません。それ以外のことは普段は奥さんの役割だったとしても、育児中の今はできるだけ協力していけたらいいのではないでしょうか。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。

2016年11月21日 旦那さんが家事や育児に少し協力してくれるだけでママはこんなに助かる はコメントを受け付けていません。 産後うつ