知っておきたい産後うつ予防のための健診費助成について

産後うつは元々はあまり知られていませんでしたが、今では年々増えてきていると言われています。そんな産後うつ予防のために、知っておきたい国の助成制度があります。

産後うつのための検診費助成制度

年々増えつつある産後うつは現在では約10人に1人が発症すると言われています

症状が酷いと、虐待や育児放棄、自殺に繋がることもあるので気をつける必要があります。そんな産後うつを予防すべく、厚生労働省は2017年度から、健診を受ける際の費用を助成することを決定しました。

つまり、不調を早めにみつけてもらい、適切なケアに繋げられるようにしようということです。では、健診費助成ではどのくらい費用を助成してもらえるのでしょうか。

診費助成の回数や金額

費用は産後2週間と1ヶ月の2回、それぞれ5千円が上限だそうです。一般的な健診費はだいたい5千円程度なので、補助券などによって多くの人が無料で受けることが出来ます。

この際、出産した病院以外での健診も対象となるそうです。健診ってお金に余裕がないと自分から行くのってちょっと躊躇しますよね。

特に子供のことなら迷わず病院にいくけど、自分のことはなんとかなる、お金が勿体ないから病院には行かないっていうお母さんもいらっしゃいます。

産後うつってそうやって気付かずに、放置されていくことが多いんです。しかし、こういった制度ができたことによって、お金に困っているママも健診費を気にせず済むので、異変を感じたらすぐに健診しに行くことができます。

健診費助成をうまく利用して、早めの産後うつへの対策をしましょう。

参考:産後うつ予防へ健診費助成 厚労省、不調を早めにケア(日経新聞)

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。

2016年11月21日 コメントは受け付けていません。 産後うつ