親がうつ病になったらどう接すればいい

親がうつ病になってしまったら、家庭生活はとても暗いものになってしまいがちです。特に子供にとっては、辛い毎日が続くようになるでしょう。うつ病になってしまった親に対し、家族の私たちはどのように接すればいいのでしょうか?

うつ病になると、仕事や家事など何事においても無気力になりがちです。その一方で、イライラしたり、急に怒り出したりするなど、情緒不安定な一面もあります。親がうつ病になってしまった場合、子供にこのような態度を示すことがありますから、子供にとってはとても家庭に居づらくなるものです。あまりの親の態度に家に居るのが非常に苦痛で、家出をしてしまうというケースも少なくないようです。

荒木式うつ病改善法より動画抜粋

親のうつ病に対して子供や家族はどう接すればよいか

子供が小さい場合は、うつ病を理解するなど、とても無理な話です。そのため、もう一方の親が上手に支えることが必要になります。しかしある程度大きくなった子供は、少しずつでもうつ病という病気を勉強し、理解を示すという努力も必要でしょう。もちろんそれには、家族全員がうつ病となった親を支える、という気持ちを強く持つことが大切です。

うつ病は悪化すると、自殺に追い込まれるという危険な病気でもあります。大切な親を亡くさないためにも、正しいうつ病への理解を家族全員が持つことが重要です。

荒木式うつ病改善法より動画抜粋

性格が変わってしまったわけではない

うつ病になると、あたかも親の性格が変わってしまったかのように思われがちですが、それは病気によるものです。親は誰にとっても大切な人であることには変わりありません。

症状が改善すれば、もとのやさしい親に戻ります。それには子供の愛情こもった接し方が一番の近道なのです。うつ病となったことで最も苦しいのは、親本人です。そこをまずわかってあげるようにしましょう。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。

2013年9月3日 親がうつ病になったらどう接すればいい はコメントを受け付けていません。 家族とうつ病