子供がうつ病になったらどう接すればいい

子供がうつ病になったらどうする?最近では子供のうつ病も増えているといわれます。大事な子供がうつ病になってしまった場合、どのように接すればいいのでしょうか?

受験や学校内でのいじめなど、近頃は子供の置かれている環境でもストレスを感じる場合が多いものです。その結果、うつ病となってしまうことが少なくありません。

親は子供がうつ病の兆候を早めに察知してあげることが大切です。そして何が原因かを理解し、子供をうつ病の原因から守ることが重要です。

うつ病は早期に発見して適切な処置をすれば回復も早いものです。もしも子供がうつ病になってしまった場合、まずは休養を十分にとることを勧めましょう。

子供がうつ病になってしまったらまずは休養を

例えば学校に行くのが嫌になったのなら、休学するなどして、無理に登校させないことです。「頑張れ」などといった激励は、かえって子供には精神的な負担となって悪い影響を与えますから、決して言ってはなりません。

頑張らないといけないことは本人自身がよくわかっていて、それでも体が動かないのがうつ病という病気です。子供にとってみれば、叱咤激励されることでますます苦しくなります。子供にとってみれば、親が一番の頼りなのです。

子供に寄り添って、何かに悩んだり不安になっていないかを、よく対話して聞いてあげるようにしましょう。人生で楽しい時期である子供がうつ病で苦しむということは、本当に悲しいものです。

親や家族のサポートが大事

うつ病は周囲の人々をも苦しめますが、やはり一番辛いのは、本人です。それを理解し支えることができるのは、親や家族です。うつ病は悪化すると、自殺に追い込まれてしまうケースもある病気です。大切な子供を失わないためにも、みんなで協力して助けてあげるという気持ちが重要です。

そのために家族が何ができるかというのは、まず正しい知識を身につけることです。うつ病と言うのは、病気ではない正常な人間に対しては励ましになる「頑張れ」という言葉が逆効果になってしまうなど、まわりの人間もサポートが難しいものです。

とは言っても、正しい知識さえあればどう対処すればいいかもわかります。家族ができることはまずうつ病の正しい知識をつけてうつ病の症状や行動などを知り、正しく対処してあげることです。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。

2013年9月3日 子供がうつ病になったらどう接すればいい はコメントを受け付けていません。 家族とうつ病