夫がうつ病になったらどう接すればいい

夫がうつ病になったらどう接すればいいか大事な夫がうつ病になったとしたら、一大事です。一家の大黒柱である夫がうつ病で苦しむようになると、家族の人たちも心配になるでしょう。

このような場合、どのように夫に接すればいいでしょう?

外で毎日働いている夫がうつ病になったら、仕事に行くのもおっくうになってきます。突然仕事を辞めるなどということになり、夫の収入がなくなれば残された家族は大変な事態です。とは言え、うつ病のまま仕事を続けるというのも難しいですし、うつ病の原因が仕事にあるなら、何の対策もせずにそのまま続けるのは夫の身体のためにもよくないでしょう。

また、うつ病になると仕事だけでなく何に対しても興味や関心が湧かなくなり、一日中家のなかでごろごろするような生活になってしまいます。その反面、これまでは示さなかった反抗的な態度をとるようにもなります。

夫がうつ病になった場合の性格の変化

荒木式うつ病改善法より動画抜粋

例えばこれまで子供とよく遊んでいたのが、うつ病になってからまったくその気がなくなってしまい、「もっと子供とあそんでやって。」と言うと、怒って自分の部屋に引きこもってしまったりします。それまでやさしくてまじめだった性格ががらりと変わってしまったりするものです

ただ、これはうつ病によるものなので、病気の症状なんだと理解してあげることが大事です。風邪をひいた人に「咳がうるさい!」とイライラしたりしませんよね。しかし、うつ病の症状に関しては、周りの人間がうつ病のことをよく知らないために、理解できずイライラしてしたり悲しい思いをしてしまうことが多々あります。

また、うつ病の患者さんのなかには、自分の好きなことだけは比較的積極的に動きますが、仕事などそうでないことには、無気力であったりします。しかし、これも病気によるものです。決して性格が変わってしまったのではないということを理解することが大切です。

ですから、あまり深く考えずに遠くから見届けるくらいの気持ちで接することが重要でしょう。うつ病に対して正しい知識を持ち、夫を信じて症状を回復することを気長に待つ姿勢を持ちましょう。夫の態度に腹が立っても、何事も命令口調で話しかけず、そっとしておくことです。

別居や離婚を考える前に

夫のあまりの変貌ぶりに一緒にいるのが嫌になって、別居や離婚などといったことを考える方もいらっしゃると思います。しかしこのような重大な決断は、うつ病の夫には非常に苦痛を与えるものです。こういったことも先延ばしにするべきでしょう。

うつ病はしっかりと治療をすれば治るものです。
ただ、それには家族が正しい知識を持ってサポートすることが重要です。

うつ病になった本人は治そうとは思っても何かをする気力が起きないものです。そして、家族がうつ病に関する知識がないと、そんな夫に対してどう接したらよいかわからなくなったり、悲しい思いや怒りを覚えることになってしまいます。そうやってストレスをためてしまうと大切な夫から離れたくなってしまうという事態にもなってしまいます。

こんなことは避けたいものです。まずは家族がうつ病に関する正しい知識と接し方を知り、根気良くサポートしてあげることが大事です。

一家の大黒柱としてしっかりと稼ぎ、家事の手伝いや子供の面倒を見てくれるような気力のみなぎる夫として復活してもらうために、正しい知識を持ってサポートしてあげて下さい。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。

2013年9月3日 夫がうつ病になったらどう接すればいい はコメントを受け付けていません。 家族とうつ病