友達のうつ病をサポートしてあげたい

大切な友達がうつ病だったら、辛いですよね。けど、大事な友達なら何とかしてあげたいものです。友達がうつ病になってしまった場合、その友達に対してどのようにサポートしてあげたらよいでしょうか?

うつ病になる原因はさまざまですが、強いストレスが引き金となることが多いようです。友達がうつ病になってしまった場合、まずは何が原因なのか、思い当たる節をゆっくりと聞いてあげることです。友達にとってみれば、話を聞いてもらえるだけでも心が落ち着いてくるものです。ここでは、じゃあどうすればいいかを答えてあげるまではしなくてもかまいません。

正しいうつ病の知識と理解を持ってサポートすることが大切

うつ病をサポートするためには、正しいうつ病の知識と理解を持つことが大切です。うつ病になった場合、その症状はさまざまです。多くの場合は何事にも興味を示さなくなって、それまで頑張ってきた仕事や趣味などに対してもやる気が落ちてしまう、というようになります。

そこで、必要であれば会社を休職するなどの措置が必要となってきます。そのような手続きをお手伝いしてあげるのもいいでしょう。できれば精神科を一緒に訪れて、医師に友達のうつ病の症状を正しく伝えることも、立派なサポートです。

うつ病の友達が一人暮らしの場合

うつ病になると食欲も低下するものです。うつ病の友達が一人暮らしの場合、生活習慣が乱れることが少なくありません。

食欲が低下することから栄養が偏った小食になったり、夜更かしの朝寝坊をする傾向も多いといわれます。このような生活では、症状も良くなるはずがありません。こうした生活習慣も気に掛けてあげるようにしましょう。

献身的になりすぎないことも大事

ただし、あまりべったりと近づきすぎて献身的に看病するのは、自分自身が疲れ切ってしまいます。サポートする側は、自分が健康でなければなりません。あなたが友達をサポートできなくなれば、友達をサポートしてくれる人がいなくなってしまうかもしれません。

そんな状態は友達にとっても、またあなたやあなたの家族など周りの人にとっても良くないので避けたいですね。

うつ病の治療は長期間に及ぶものですから、ゆったりと構えて、常に心身ともに余裕を持ってサポートするようにしましょう。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。