うつ病の身体的な症状・痛みや治療薬について

うつ病は初期の頃は少し調子がおかしいのかなと気がかりになる事はありますが、ある程度進行しないと気が付かれない事もあります。

うつ病の自覚できる身体的な症状として、風邪をひいているわけでもないのに頭痛が続いたり、肩こり体質でないのに背中に痛みがずっと続いているといった「痛み」を伴う場合は注意したほうが良いでしょう。

また急に食欲が無くなる事やだるい症状が続いているときも気を付けたほうが良いです。

うつ病の感情的な症状

感情的なうつ病の症状では、何もないのに急に憂鬱になったり、悲しくなる事やさみしくなってしまう事がある場合は、ある程度進行している場合がります。

他にもやる気が全くでない事や悲観的になり、なんでも悪い方向にばかり考えてしまうのも問題になってきます。

うつの痛みがある場合の治療と薬

「うつの痛み」の治療と薬では、まずうつなのかどうかを判断する必要が出てきます。

身体的に痛みなどの症状が出ていると内科医にかかる事が多いと思われますが、心身的にも少し疲れている感じがするなど相談するのも方法です。悲観的になりがちだった場合は、精神科のある総合病院で多面的に診察をしてもらうことをお勧めします。

もちろん、実際にうつではなく、ただの風邪である場合もありますから、あまり深く考えなくても良いでしょう。

薬については、その症状によって変わってきますので何か出てくるか、はっきりとは断定できません。脳内伝達物質のセロトニンを抑制する薬などもありますが、副作用もありますからその症状によって違う薬を使っていきます。

三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬、あるいはSSRIの薬を使う事が多いそうです。

うつから家族や自分を守るために

うつから家族やあなた自身を守るためにあなたができることは?
大事なことは正しい知識をしっかりと知っておくことです。
”正しい方法”でしっかりと大切な人を支えてあげて下さい。